オーディション情報(3)


オーディション情報はどこから収集したらよいか。

一番のお勧めは、3大オーディションと言われている

『月刊・デ・ビュー』『月刊オーディション』『月刊スカウト』は、

メジャー、インデペントまであらゆる種類のオーディション募集が載っていますので、

情報ニュースソースとして欠かせないものです。

⇒ 近くの書店においてなかったらこちら
 

また大規模で、展開するオーディションなどは、

一般紙で募集をかけることがありますので、こちらも要チェックでしょう。

 

そしてティーン誌やフリーペーパー、情報誌も情報入手先として有力です。

現在は、インターネットでもオーディション情報が数多く出ています。

 

そしてスカウトも一つのオーディションでしょう。昔から今日まで、

このスカウトオーディションで、多くのスターが生まれています。

 

つまりスカウトは、パーソナルな、もう一つのオーディションです。

グラビアアイドル、アイドル、モデル、タレント、俳優、読モ、

といった様々なスカウトが、東京、大阪、福岡、名古屋、神戸、横浜と言った

大都市圏で活動しています。

 

しかしすべてが良心的なスカウトとは限りません。

相手の素性を確かめることが必要です。

 

モデル事務所、プロダクションのスカウトならば、

名詞か、連絡事務所のメモをもらって後日

こちらから連絡するというのが賢い方法でしょう。

 

連絡事務所を帰ってネットで調べるとか、いくらでも方法があります。

読モになりませんかと言うスカウトも多くなっています。

 

読モなら、雑誌の名前とか、直接雑誌社に問い合わせてもすぐにわかります。

キッズモデルの場合は、親の承諾なしでは事務所もスカウトできませんので、

あまり被害にあった話は聞きませんが、

成人した大人の志望者には今被害が相次いでいます。

 

警察もあまりにひどいので、摘発に乗り出した例もあります。

事務所選びは、労働大臣認可の事務所を選ぶのが無難ですね。

 

数年前になりますが、キッズ専門のプロダクションが警察に摘発され、

全国に支店を持つ業界最大のプロダクションが倒産しました。

 

キッズモデルを主体として、全国で何万人の登録があり、

高い登録料を払ったにもかかわらず、仕事が一切なく、

あるのは仕出しの仕事が2~3ヵ月に1本程度と言うひどさでした。

 

くれぐれも事務所選びは慎重にすることが肝心です。

こうした事例はごく一部のプロダクションで、

あとは真面目に経営している事務所ばかりです。

 

当サイトでは悪徳事務所に引っかからない為の

事務所選びについても実際に活動して

業界事情を知っている方からポイントを伺っているので参考にしてみてくださいね。


PAGETOP