成功の秘訣?


「写真見て! かわいいでしょう。

こんなかわいい子を事務所が落とすはずがない」

と息巻いているお母さん。赤ん坊はすべてかわいいのです。

 

この世にかわいくない赤ん坊なんていません。

肌のつやと言い、その笑顔は、「天使の微笑み」と言って

世界中誰もがかわいいと思っています。

 

それも親バカの一つだから否定はしません。

赤ちゃんが安らかな寝息を立てています。

それを見たこちらも癒されますね。

 

そして赤ん坊が突然微笑んでくれました。

それが赤ん坊の「天使の微笑み」です。

しかし赤ん坊の「天使の微笑み」は、

感情を持った笑みでなく、左右の口角を引き上げただけの

生理的現象だったのです。

 

赤ん坊が本来持っている力なのです。

なぜ実も蓋もないことを書くかと言いますと、

自然のままで、泣くときは泣かせばいいのです。

 

お母さんがそばに行ってやると、自然に泣き止む、

そうした家庭での愛情こもった育て方をすれば、

いざ撮影と言う時にお母さんの出番が回ってくるのです。

 

赤ん坊の場合は、かわいいという基準で、

CMや映画で使うわけではありません。

その時のシチュエーションで、何歳ぐらいの男の子、

女の子が必要と言うことになります。

 

ひと昔前までは、ベビーモデルと言った領域はありませんでした。

いざ赤ん坊が必要な時は、人形をわからないように抱かせるとか、

それでも隠し切れない場合は、スタッフか、関係者の知人にあたって、

その年ぐらいの赤ちゃんを使っていました。

 

現在は、赤ちゃんモデルとしてエージェンシーなどに登録しておき、

CMやカタログ撮影の時、オファ-が来るようです。

 

ただし乳児は大人の事情にあわせることができないので、

ダブルスタンバイと言って、

一人を補助に使うようなシステムになっています。

 

赤ちゃんモデルとして登録するのであれば、

泣いたときにお母さんが抱いてやると泣き止むとか、

何か音を出すと泣き止む等の、赤ん坊のシグサを

周知できるようになればいいでしょうね。

 

以前ピアノのコマーシャルが流れると、

赤ん坊が泣きやむという現象が話題になりましたが、

気を取られやすい音の質があるので気がまぎれるようです。

 

赤ん坊はある時期から相手がお母さんだと自分から笑い出し、

手足をバタバタさせて喜ぶようになります。

 

お母さんとよその人を本能的に区別しているのですね。

どうしても泣き止まない場合は、縦に抱くと泣き止むと言われています。

 

おうちにいるとき、そうしたことを試し、お母さんの出番を待つのも、

芸能活動の成功の秘訣かもしれません。


PAGETOP