これで準備OK!赤ちゃんの新幹線デビュー


いつ泣き出すかわからない赤ちゃんを連れての旅行はとっても気をつかうもの。走る個室の車ならなんとでもなるけれど、新幹線を使うとあっては心配ごとがつきません。停車駅の間隔が長いので、どうしようのないから途中時下車という最後の一手もそうそう使えそうにありません。そんな気が遠くなりそうな赤ちゃんづれの新幹線の旅ですが、準備をしっかりすれば楽しいものになりそうです。

ここでは赤ちゃんと新幹線に乗るときに知っておきたいノウハウをご紹介します。

奮発して指定席を取る!

新幹線=長旅です。
ここは奮発してでも指定席をゲットしましょう。
新幹線を使うときって、どうしてもゴールンウィークや盆暮れといった混雑している時期が多くなってしまいます。
始発の駅に早くから並んで自由席を狙うのも経済的ですが、乗る前から親はクタクタ、赤ちゃんもぐったりでは乗った後が思いやられます。
もし、席がとれなくて、デッキに親子ともどもずっと立っているハメになったら最悪です。
新幹線に乗るなら指定席はマストと考えましょう。

多目的室をうまく利用しよう!

ほとんどの新幹線には、多目的室がついています。
東海道新幹線と山陽新幹線の場合、11 号車付近にあります。
この多目的室はもともと、体の不自由な方のために設置されているのですが、空いていれば授乳やオムツがえなどの目的でも使用することができます。
もし使用中の場合でも、別の車掌室などの個室を使わせてくれることもあります。
これらの使用について予約はできませんが、別途料金は加算されません。

多目的室は普段は施錠されているので、使用したい場合は、車掌さんに声をかける必要があります。
自分が使用したいタイミングで乗務員がすぐに見つかるとは限らないので、余裕をもって行動することがポイントになります。
ぐずっている赤ちゃんを抱えながら乗務員を探して新幹線の通路をいったりきたりするのは避けたいですよね。

この多目的室はあくまで体の不自由な人のためもものですし、他にも使いたがっている人もいます。
長時間にわたって居続けるのは他の方の迷惑になるので、やめましょう。

個室もある! ひかりレールスター

山陽新幹線の新大阪から博多までを走るひかりレールスターには、コンパートメントがあります。
コンパートメントだからといって特別に料金が加算されることはなく、大人3人分の運賃と指定席特急料金で利用することができます。
2人でもグリーン車と同じくらいです。
座席は4席で窓は通常の座席よりは広めです。

なにより個室という安心感がうれしいコンパートメント。
停車駅が多いので、のぞみよりは時間がかかってしまいますが、他の乗客に気兼ねすることなく、リラックスムードで広い窓から景色をながめつつの長旅も楽しめそうです。
ただ予約は3人分座る場合でないとできないので注意しましょう。

賢い予約の仕方

 

予約する時におすすめの場所が最後列のシートです。
ここなら座席とシートの間に20~30センチの隙間があるので、ベビーカーをはじめ何かと荷物の多い赤ちゃん連れにはとても便利なスペースなのです。
しかも車両の端なので、赤ちゃんがぐずってしまってらすぐにデッキに移動できる点でも便利ですね。

そして予約の際には2席シートの方をゲットしましょう。
東海道新幹線の場合、2席と3席にシートが分かれていますね。
3席シートのうちの2席や、パパとママが別々に1席ずつ座るのはできるかぎり避けたいものです。

赤ちゃんはたとえ泣いていなくても、その存在自体が落ち着かないと感じる人も多いもの。
しょっちゅう席を立ったりする可能性が高いことも併せて考えると、通路に面した2席シートがベストな選択です。

指摘席の予約は乗車の1か月前から受け付けています。
赤ちゃん連れにうれしい条件を満たす席は多くのパパやママたちが狙っていますから、早めに予約をしましょう。
もし、授乳時間やお昼寝の時間がだいたい決まっている赤ちゃんなら、赤ちゃんが寝ている時間と乗車時間がかぶるものを選べるといいですね。

持ち物のチェックもしっかり!

いくら指定席をとり、多目的室が使えるといっても抱っこひもは必需品です。
慣れない新幹線で赤ちゃんもぐずってしまうかもしれません。
そんな時ずっと自分の両腕でだっこしてあやしていたら、大変です。
怪しい雰囲気になってきたら、抱っこひもであやして、寝てくれたらそのまま座席に戻ってママもお昼寝しちゃいましょう。
この時、赤ちゃんの足がまっすぐ下に伸びるタイプの抱っこひもだと座りづらいので、抱っこして座っても平気なタイプを選びましょう。

このほか、温度調節しやすい服装を選んでいきましょう。
新幹線は妙に暑かったり寒かったりしがちです。
赤ちゃんは暑いだけでむずかったりしますし、冷房で冷やされると風邪をひきやすいものです。
また、ミルクはオムツもかさばりがちですが余裕をもって多めにもっていきましょう。

このほか、赤ちゃんがぐずった時のためにお気に入りのおもちゃや絵本を持っていくことも大事ですが、音のでないものを持っていくことをおすすめします。
おもちゃの音は普段聞きなれていない人にとっては耳ざわりに感じることもあります。
回りへの配慮を忘れないようにしましょう。

新幹線という慣れないところに赤ちゃんを連れていくと考えるとパパやママも緊張してしまいがち。
でもあまりナーバスになってしまうと、その緊張が赤ちゃんに伝染してしまうかもしれません。
早めの予約と余裕をもった行動を心掛け、もしぐずってしまっても回りへの配慮を忘れなければ、きっと楽しい新幹線の旅になるでしょう。


PAGETOP