グーンのおむつモデルになるには?

エリエールから発売されている

子供向けおむつGOON(グーン)は出産した病院で

用意してくれるパンパース・メリーズとは違いますので

サイズアップするときに使用を検討するおむつですよねs-goon

 

それぞれサイズの違いはありますが、

大きな特徴として消臭機能が付いています。

 

肌の敏感な赤ちゃんですと

メーカーを限定しないといけないですが、

違う素材でも大丈夫で、使用感は変わらないという

評判の多いおむつです。

 

そんなGOON(グーン)のおむつモデルになるには、

他のメーカーと同様に子供タレント事務所に

所属しているのが大前提となります。

 

例えば、加藤葵(かとうあおい)ちゃんや

高橋麟(たかはしりん)くんのように

テアトルアカデミーに所属して選ばれたといった具合ですね。

 

赤ちゃんの時期は月齢が変わると

顔つきや体型などは違ってしまいますし、

なにより撮影の依頼があるタイミングが、

クライアントが求める月齢の子供でないと

声すらかけてもらえません。

 

偶然が重なって選ばれるGOON(グーン)のおむつモデルですが、

もし挑戦してみたいのであれば

おむつパッケージモデル実績NO.1と評判の

テアトルアカデミーのオーディションを受けてみてください。

 

ちなみにパッケージモデルに選ばれている子供たちをみていると

髪の毛がフワフワと量も多い子が選ばれているようなので、

子供の成長はどうしようもないとはいえ、

その辺を気にしておくと確率は高くなるかもしれませんよ。

PAGETOP