モデルエージェンシーキッズ体験記


今中堅俳優として舞台、映画、テレビドラマ、テレビコマーシャル、

雑誌モデル、プロモーションビデオと、

芸能界の仕事なら何でもこなしてきた32歳の赤井百合(仮名)さん。

 

キッズモデルから芸能界入りし20年、

今は名バイブレーター(脇役)として活躍中です。

そのエージェンシーからスタートした、体験記を書いてもらいました。

 

——————————–

 

私がエージェンシーに入ったのは、

小学4年の頃だったと思います。

そのプロは、業界でも大手のプロで、

一緒にオーデンションを受けたのは2000人位いたと後で聞きました。

 

当時のプロの所属では、モデル、タレントなどが1000人以上いました。

200人ほど応募して50名ほどが残り、3次審査で8名が残り最終審査で3名とりました。

私は3次まで行きましたが、最終審査には残れませんでした。

 

そこのプロには入れませんでしたが、

帰るとき、審査員の一人だったカメラマンの人が、

母親に「お嬢さんはいい素質を持っているので、

ここよりは小さいプロですが、オーディションをやっていますが、

受けたらどうですか」と親切にエージェンシーを紹介してくれました。

 

早速母親は書類を出したところ、合格通知が来たので、

オーディションを受けました。見事合格を果たしたのです。

 

その時登録料として、宣材写真代を含めて4万5000円を払いました。

写真代は半年に1回で計9万円位払ったと思います。

この事務所は一切レッスンなどは行わず、オーディションに行くだけと言うシステムでした

なかなかオーディションを受けるチャンスもなく,日が過ぎてしまいました。

 

そんなある日、カタログの仕事が入り、エキストラの様な役でしたが、

1万円のギャラをもらいました。それを機に何度かオーディションに受かるようになりました。

 

ここの事務所はエージェンシーなのに、モデルの仕事は少なく、

コマーシャルの仕事が多かったと記憶しています。

テレビドラマなどは一切来なかったようです。

 

しかし今はエージェンシーと言えども、

ドラマはくる、舞台も映画も来ているようですね。

ただしオーディションのお話ですが。

 

コマーシャルのオーディションは、いくらオーディションを受けても何度も落ち、

モデルを辞めようか、と思った矢先、ふと本屋に寄り、

雑誌『デ・ビュー』を見て面接に行きました。

 

そこでは嘘のように、仕事が決まり、オーディションを受けるたびに合格しました。

これからキッズモデルを目指す人に、アドバイスに成るかどうかわか りませんが、

何度受けてもオーディションに落ちるとき、自分のせいで落ちるのだと思ってましたが、

これは違っていることを知りました。

 

勿論自分の所為も何パーセントかありますが、

プロの力関係も大きいようです。

もし今後について悩んでいたら思い切って

事務所を代わるのも一つの方法だと思います。


PAGETOP