モデルエージェンシー系の選び方


モデルエージェンシー系事務所は、

大小取り混ぜて東京だけで300社以上あると言われています。

 

昔はモデル専門にやってきたエージェンシーが多かったのですが、

今は別部門を作り、タレント部、ミュージシャン部などを設置、

芸能プロダクションと同じ機能を果たしております。

 

それだけに、良いエージェンシーと悪質なエージェンシーが

半々と言った割合と思っても良いでしょう。

 

それぐらい言葉巧みに芸能界に憧れる、

夢見る子供や親たちをだましている企業が多くありますので、

登録はくれぐれも気を付けてください。

 

特にインターネットで募集している、

エージェンシー系に悪質なプロが多く、

明日にでもスターになれるような、

キャッチコピーを書いているところは避けた方が良いでしょう。

 

それから有名芸能人が声をかけられたと芸能界に入るきっかけでよく聞かれた

原宿や青山、表参道などでのスカウト。

ひと頃は大手プロもスカウト活動をやっていましたが、

今ではほとんどやっていません。

 

それは、悪質なスカウトマンが多く、

大手プロのイメージが損なわれるようなことになりますので、

一切やっていないと見るべきでしょう。

 

母親は、わが子がスカウトされたと有頂天になってはいけません。

大きな落とし穴が待っています。

 

先ずスカウトに合ったら、名刺をもらうことです。

そこには住所メールアドレスがあります。そして労働大臣認可のプロかを確かめます。

もし労働大臣認可の番号が名刺になかったら、

どんなに良いことを言っても、さっさと退散してください。

 

プロ事務所に行くと、その雰囲気で、直ぐ分ります。

やたらと映画やテレビ番組のポスターが貼ってある事務所も要注意です。

 

優良プロは、自社が関係したポスターしか掲示してありません。

そしてお金の問題です。これが肝心です。

最近は巧妙になって、宣材費も登録費も無料です。

と言うキャッチコピーで誘うところが多くなりました。

 

それでは無料で登録できると勘違いしてはいけません。

トークの一部を再現しましょう。

 

「あなたがスターになるためには、

当社も営業にかけなければなりません。

そのため社員が映画やテレビ会社に連日でかけます、

そうしたした費用がプロモート費用です。

 

これは1年間分で50万円掛かります。

しかしあなたのお子さんは素質があり、すぐにでもテレビに出られそうですので、

事務所も力を入れていきたいと思います。

 

そこで25万の半額にしましょう。

このことは他のタレントにはいわないで下さい。

あなたのお子さんだけの特別価格ですから。。。」

 

うちの子だけ特別なのだと勘違いしないようにしてください。

来た人皆に同じセリフを言っている営業トークなのですから。


PAGETOP